ビフォア

CIMG0686_R

アフター

CIMG1039_R1

施工前~施工後まで

以前は、モルタル(セメント系)は、40年以上持つと言われて来ましたが
昨今の頻繁な地震や外気温の変化や紫外線などによる外力によって膨張収縮を繰り返すことが
多くなってしまいました。
そのため、短い時間で左写真のように経年劣化で浮き出したり、盛り上がったりします。
CIMG0104_R CIMG0105_R

美観も悪くなることはもちろん、こういう状態を放置すると、床面を貫通するような浸水が始まったり
バルコニー自体の排水性も悪化し、建物(構造物)資産価値を下げることになりかねません。

CIMG0106_R CIMG0107_R

CIMG0108_R CIMG0686_R

まず、悪化のひどいタキロンシートを剥がしていきます。
続けて、新規のシートが接着しやすいように、ケレン作業(ヤスリがけ)やモルタルのひび割れを
補修していきます。

CIMG0997_R CIMG0998_R

ひび割れ箇所を念入りに確認します。
また、排水口も詰まりや十分な排水力があるかどうか確認していきます。

CIMG0999_R CIMG1000_R

問題のないシート(左)と損傷が激しいシートの違いです。

CIMG1001_R CIMG1002_R

周りの正常なシートにコーキング剤を丁寧に打ち込んでならしていきます。
ブロックは、エアコン室外機を設置する台になりますので、水分を放出するこの周辺も念入りに
防水処理を行っていきます。

CIMG1003_R CIMG1004_R

モルタル床面が平(たいら)でない箇所にも補修材を入れ込み、同時にケレン作業と
新しく接着するシートが張りやすいように、プライマーを塗ります。
切り分け中心線にコーキング剤を塗っていきます。

CIMG1005_R CIMG1006_R

コーキング剤や補修材が完全に乾燥するまで待ちます。
この間は、雨が降るような期間が重なる場合は、養生シートで保護します。
この作業の時は、幸いにも晴れ続きでした(^o^)

CIMG1007_R CIMG1008_R

床面に入れ込んだ補修材とコーキング剤が乾いたところで、タキロンシートを張りました。
立上り側溝とも塗膜防水仕上げで、床面シートは、防滑性ビニル床シートを用いています。

CIMG1009_R CIMG1038_R

床面施行完了後、エアコン室外機を戻し、バルコニー内の設置物を元の位置に戻して完了です。

CIMG1039_R CIMG1040_R